NBA歴史的デビュー

ウィザーズ新人25年ぶり

♢23日(日本時間24日)♢ダラス・アメリカンエアラインズセンター

【ダラス(米テキサス州)23日(日本時間24日)=奥岡幹浩】新たな歴史が刻まれた!ウィザーズの八村塁(21)が、NBAデビュー戦であいさつ代わりの「ダブルダブル」を記録した。日本人として初めてNBAの開幕戦に先発出場し、敵地でマーベリックスから14得点、10リバウンドの活躍。ウィザーズ新人が開幕戦で「ダブルダブル・デビュー」を果たしたのは、94年ジュワン・ハワード以来25年ぶりの快挙となった。

黒星発進も堂々プレー

夢の舞台に初めて立っているとは思えないような、堂々としたプレーを披露した。八村がデビュー戦でいきなり活躍。14得点、10リバウンドで、主要個人記録の5項目中、2項目で2桁を記録する「ダブルダブル」を日本人として初めてマーク。チームは敗れて手放しで喜ぶことはなかったが、「そこそこの仕事ができたのではと思っている」。その表情には、NBAプレーヤーとして自信と手応えがにじんだ。

NBAでの最初の得点は、開始から2分半ほどで記録した。第1クオーター(Q)残り9分24秒。チームの中心選手ビールからのパスを左サイドで受け、すかさずゴール下に突進。防御をはねのけるかのように左手で力強くシュートを決め、「ブラッドが良いパスをくれたし、ゴールも空いていた」。簡単なプレーではなかったはずだが、事もなげに振り返った。

日刊スポーツ/2019/10/25/日付より

TOP