東京五輪マスコット 小学生投票で決定

大差で「市松模様」に

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、東京都品川区立の小中一貫校、豊葉の杜学園で大会マスコットを発表し、大会エンブレムでも採用された日本伝統の市松模様が特徴の近代的なキャラクターの「ア」が選ばれた。最終候補3作品の中から、五輪史上初の試みだった全国の小学生のの投票でトップの10万9041票を獲得し、他の2作品に大差をつけた。組織委は6月をめどに名前を決め、7~8月に公表する。
 作者で福岡県出身のデザイナー谷口亮さん(43)は都内で記者会見し「近未来感と伝統をうまく融合したものが日本、東京らしいイメージなんじゃないかなと考えた」と制作の意図を説明した。これまで受賞経験などはほとんどないそうで「夢じゃなかろうかと思っている」と喜びを語った。

信濃毎日新聞/2018/03/01/日付より

TOP