『B.LEAGUE 主役に迫る』

漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(52)とバスケット選手の対談企画の第3シーズン8回目は、Bリーグを連覇したアルバルク東京(A東京)の司令塔、安藤誓哉選手(26)です。

単身で海外 失うものなかった 誰よりもひたむきに練習

井上 千葉とのチャンピオンシップ決勝では、トラブルに見舞われたとか。

安藤 決勝戦前日の朝から体調が悪くて、嘔吐と下痢に襲われました。熱も37度台の後半まで上がり、病院へ。3時間ほど点滴を受けました。

井上 決勝では9得点、3アシスト。ミスで相手にボールを渡してしまうターンオーバーは1度もありませんでした。

安藤 実は、第1クオーターの最後には、利き腕である右手の薬指を脱臼してしまいました。得点はすべて脱臼後。アドレナリンってすごいですね。

井上 大学4年で部活をやめ単身で海外へ。米国の独立リーグ、カナダ、フィリピンを渡り歩いたと聞きました。

安藤 若気の至り、みたいなものです。失うものが何もありませんでしたから。

井上 カナダのバスケットはどんなものでしたか。

安藤 選手はほぼ米国人で、レベルは高かったです。展開の速さが特徴で、1チームが120~130点取る試合もよくありました。

井上 そこで主力として活躍していたとか。

安藤 ベテラン選手の方がうまかったのに、当時のヘッドコーチは僕のことを使い続けてくれました。練習は、誰よりもひたむきにやっていた自信があります。その姿を見ていてくれたのだと思います。

アルバルク東京 安藤誓哉選手 × 漫画家 井上雄彦さん

朝日新聞/2019/05/29/日付より

TOP