ノーベル平和賞決まる

アフリカ北東部で紛争の絶えなかったエチオピアとエリトリアの和平を実現させた若き指導者、エチオピアのアビー・アハメド首相が、ノーベル平和賞を受賞することになりました。「平和賞」の名前にふさわしい活動が評価されたのです。

エチオピア首相に隣国との紛争解決 急な改革に混乱も

ノーベル賞は、ダイナマイトの発明をしたスウェーデンのアルフレッド・ノーベルの遺言で誕生しました。ノーベルは、工事が楽に進むようにとダイナマイトを発明せて大金持ちになりました。

ところが、ダイナマイトが戦争に使われてしまったことを悔やみ、人類進歩に役立つ発明をした人に贈る賞をつくるように遺言したのです。

賞金はノーベルの遺産が充てられています。といっても100年以上も前の遺産が、いまも残っているわけではなく、専門家が投資をするなどして減らないようにしているのです。

毎日新聞/2019/11/05/日付より

TOP