最年少メダル 4年後に お預け

 メダルは4年後にお預けとなった。高校1年生の岩渕麗楽(16=キララクエストク)は147.50点は4位。10点差でメダルには届かなかったが、日本人最高順位と健闘した。1回目に2回転半の「キャブ900」で79.75点をマーク。2、3回目は縦2回転、横3回転の大技「バックサイドダブルコーク1080(DC10)」に挑むも、着地が乱れた。藤森由香(31=アルビレックス新潟)は7位、鬼塚雅(19=星野リゾート)は8位に終わった。

大技DC10

 左胸を2度たたき、最終3本目のスタートを切った。それは緊張した時、岩渕が自らを鼓舞する儀式。大空にテークオフし、世界トップクラスの大技DC10に挑戦した。決まればメダルに大きく近づいたが、着地で尻をついた。149㌢のライダーは「あと1歩届かないのが今の自分の実力なんだな。大事なところで決めきれないのも弱いところ」と受け止めた。
 日本勢女子最年少メダルを逃した。それでも16歳70日での入賞は、個人種目では女子最年少だ。レース後、母恵里香さん(44)から「頑張った」とねぎらわれると「立てなかった」と我慢していた涙が止まらなかった。W杯初参戦となった昨年9月の大会では、英語が分からず、スタートのタイミングを間違え、1本を無駄にした。そんな少女が五輪で躍動した。

日刊スポーツ/2018/02/23/日付より

TOP