気軽に足を運び 語り合える拠点に

 信濃毎日新聞松本本社の新社屋(愛称・信毎メディアガーデン)は4月28日に開業する。小坂壮太郎社長が19日、松本市内で開かれた県文化・芸術・スポーツ団体の新春パーティーで明らかにした。1~3階をコミュニティーゾーンとショップゾーンとして市民にも開放、市民が気軽に足を運び語り合える拠点を目指している。1階ホールでは5月中旬から「PIACE OF PEACE『レゴブロック』で作った世界遺産展PART-3」を開く。
 同展は2012年の世界遺産条約採択40周年を記念して始まり、昨年11月までに国内外の計27カ所で開催してきた。信毎メディアガーデンでは20日間の期間中に著名な世界遺産をレゴブロックで表現した数十点を展示する予定だ。

信濃毎日新聞2018//01/20/日付より

TOP