開幕戦 粘って山雅らしさ

 サッカー明治安田J2は25日に開幕し、各地で第1節の11試合が行われた。松本山雅は敵地で横浜FCに0-0で引き分け、開幕戦では3年ぶりとなる勝ち点1を獲得した。

守備陣連係 体張って無失点

 パウリーニョの左CKに飯田が頭で合わせると、ボールはゴールポストを直撃した。松本山雅の選手やサポーターが天を仰いだ直後に試合終了のホイッスル。最後に見せ場はつくったものの、試合内容は相手に攻め込まれる時間の方が長かった。
 「全員が最後の最後まで体を張ってディフェンスしていた。勝ち点1を取れたことは次につながる」。加入2年目で初めてキャプテンマークを巻いたDF橋内は、無失点に胸をなで下ろし、前向きに受け止めた。
 
信濃毎日新聞/2018/02/26/日付より

TOP