『B.LEAGUE 主役に迫る』

漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(51)とバスケット選手の対談企画も3季目に突入。新シーズン第1回は、日本国籍を取得し、日本代表としても活躍する川崎ブレイブサンダースのニック・ファジーカス選手(33)です。

代表中心は八村・渡辺 3人でプレーすれば可能性無限大

井上 今年4月、日本国籍を取得しましたね。

ファジーカス すこしでも長く日本でプレーを続けたいと思ったから。来日して7年目。私も妻も、ここでの生活をとても気に入っています。街はきれいで安全だし、みんな親切。たまに米国に行くと、日本が恋しくなるくらいです。

井上 さっそく日本代表に選ばれ、6月にはワールドカップ(W杯)のアジア地区1次予選で、格上の豪州を初めて破りました。その試合でチームトップの25得点を挙げました。高さや得点力以外に、あなたが日本代表にもたらしたものがあるとすると、何だと思いますか。

ファジーカス 希望、ではないでしょうか。普段プレーする川崎も、私が加入する前年度は、当時のリーグで最下位でした。そこから優勝するまでにチームは成長した。代表の選手たちも、今回感じてくれたと思います。「ニックについていけば、勝てる」と。

井上 2年後には、東京五輪が控えています。

ファジーカス 日本の出場は決まっていませんが、プレーしたい気持ちは強いです。そのときには35歳。フル出場は難しいかもしれないけれど、チームのプラスになれるようにがんばりたい。左足首の手術を受けたのも、先のことを考えてです。

川崎ブレイブサンダース ニック・ファジーカス選手 × 漫画家 井上雄彦さん

朝日新聞/2018/10/23/日付より

TOP