『B.LEAGUE 主役に迫る』

漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(51)とバスケット選手の対談企画の第3シーズン2回目は、日本屈指のシューター、シーホース三河の金丸晃輔選手(29)です。

シュート自信をもって打つ 激しい守備にも冷静に対処

井上 B1の初代3点シュート成功率1位で、フリースローの成功率も2季連続でリーグトップ。どうして、そんなにシュートが入るのですか?

金丸 答えるのが一番難しい質問ですね。自身を持って打つことが大事、としか言えないです。

井上 シュートのとき、意識をどこに置いているのですか。

金丸 リングしか見てないですね。僕の場合、調子が悪いとシュートが左にずれることが多いです。そういうときは、あえて、ボールを一つ分右を狙うようにはしています。

井上 相手に体をぶつけられても、シュートを決めきりますよね。

金丸 体幹と、シュートを打つ腕のひじが、リングに対して真っすぐになっていれば、大幅に崩れることはないですね。

井上 右腕の手首からひじ上までを覆うサポーターが、印象的です。

金丸 僕、すごい冷え性なんです。試合中も、手首の感覚がなくなるくらいまで冷たくなる。それを防ぐ保温目的で使っています。相手の激しい守備で右腕を傷つけられたくない、という思いもあります。

井上 シュートを決めても、喜ぶことなく淡々とプレーを続けますね。

金丸 「笑わない」とは、周りからよく言われます。シュートを決めてポーズをとると、気持ちが浮かれてしまい、シュートを打つべきタイミングを見誤ってしまいそうで。

シーホース三河 金丸晃輔選手 × 漫画家 井上雄彦さん

朝日新聞/2018/11/27/日付より

TOP