『B.LEAGUE 主役に迫る』

漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(52)とバスケット選手の対談企画の第3シーズン7回目は、Bリーグのチャンピオンシップ初代MVP、琉球ゴールデンキングスの古川孝敏選手(31)です。

新しい環境 自分が変われる 必要とされる限り続けたい

井上 今季が、琉球で迎える2シーズン目です。Bリーグ1年目に栃木で優勝し、チャンピオンシップの初代MVPに輝いた直後の移籍でした。

古川 優勝したから、MVPを取ったからといって、そのチームに残らなければいけないという考え方は、僕の中にありません。プレーの幅を広げたいと思ってチームを変えました。チームを移れば、それまで積み上げたものを失い、また一からのスタートになりますが、新しい環境だからこそ、自分が変われると思っています。

井上 僕も、安定しちゃうとダメになるような気がしていました。同じような作品を描き続けたら、成長しないんじゃないかと。だから、作品を描く場所も、題材も変えてきました。沖縄に来て、新たに取り組んでいることはありますか。

古川 自炊を始めました。それまでは外食ばかりで好きなラーメン屋や焼き肉などに偏りがちでした。バランスの良いメニューを心掛けています。きっかけはサッカーの長友佑都選手の本を読んだこと。目先のコンディションだけでなく、先々のことを考えても大切かなと。おかげで、体重が3、4㌔減りました。選手寿命を延ばしたい。大好きなバスケットを自分がやりたいと思う限り、誰かに必要とされる限りは、プレーし続けたいと思っています。

琉球ゴールデンキングス 古川孝敏選手 × 漫画家 井上雄彦さん

朝日新聞/2019/04/25/日付より

TOP