『B.LEAGUE 主役に迫る』

漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(51)とバスケ選手の対談企画の第2シーズン最終回は、初代王者・栃木ブレックスの竹内公輔選手です。

競ってきた身長2㍍超の双子 バスケ人気もっと上げたい

井上 アルバルク東京の譲次選手とともに、2㍍を超える双子選手として高校時代から有名でした。

竹内 譲次は、一番負けたくない相手ですね。高校時代はベンチプレスの重さとか、フットワークの速さとか、なんでも張り合っていました。

井上 竹内兄弟の登場には、私も衝撃を受けました。スラムダンクの連載中に、主人公の桜木花道と、桜木がライバル視していたチームメイトの流川楓が、実は双子だったら面白いなと考えたことがありました。それをやっちゃうと、いかにも漫画的な設定だなと感じて、やめたんです。竹内兄弟のことを知ったときは、漫画を超えられてしまったなと思ったものです。

竹内 スラムダンクが無ければ、いまの僕はいません。中学のとき、一度は卓球部に入りました。スラムダンクを読んでバスケがしたくなり、3年になってバスケ部に移りました。

井上 そう言ってもらえると、うれしいです。ということは僕も、日本のバスケ界に相当貢献しましたね。ところで日本の若いビックマンをどう見ていますか?

竹内 2㍍を超える選手がいるから高校から「教えに来て欲しい」と言われることがあるのですが、実際に行こうとすると、すでに部活をやめているケースが結構あります。きつい練習に耐えられないことが多い。大きいと、周りからちやほやされてしまう。壁にぶつかると乗り越えられないようです。

リンク栃木ブレックス 竹内公輔選手 × 漫画家 井上雄彦さん

朝日新聞/2018/05/24/日付より

TOP