『B.LEAGUE 主役に迫る』

漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(51)とバスケ選手の対談企画の新シリーズ第6回は、日本期待の大型司令塔、富山グラウジーズの宇都直輝選手です。

パスでチームの選手を操る 能力引き出し勝たせたい

井上 高校時代は高校総体で、大学時代は関東大学1部リーグで得点王。Bリーグの初代アシスト王というのは意外でした。
宇都 実は、高校総体では得点王と同時にアシスト王でもありました。パスを出すのは中学の頃から好き。自分で得点も取るので、周りがどういうタイミングで、どういうパスが欲しいのかが分かります。
井上 パスの魅力、とは?
宇都 人を操っている感じが好きなんです。シュートを決めさせてあげている気分になれる。理想は、一緒にプレーした仲間から「うまくなった気がする」と言われる選手。他のチームに移籍したらその選手の個人成績が下がるくらい、周りの能力を引き出したい。
井上 パスへのこだわりは。
宇都 いろいろなメッセージを込めますね。味方のシューターの調子が悪いと見れば、少しテンポを遅らせてパスを出します。そうすると、相手が追いついてシュートは打てないから、パスしたりドリブルしたり、別のプレーを選択せざるを得ない。より得点の確率が高い流れへと持っていくようにします。僕の中ではバスケがうまい人=パスがうまい人、ですから。

富山グラウジーズ 宇都直輝選手 × 漫画家 井上雄彦さん

朝日新聞/2018/03/29/日付より

TOP