『B.LEAGUE 主役に迫る』

漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(51)とバスケ選手の対談企画の新シーズン第7回目は、川崎ブレイブサンダースの主将で司令塔の篠山竜青選手です。

目標は全力で走る必要ない選手 観察力と読みで早く動きたい

井上 チームの主将に就いて4シーズン目。すっかり板に付いてきましたね。

篠山 最初はストレスがありましたが、今はチームメイト各自に合ったかたちでコミュニケーションを取りながら、一人ひとりをノリでくっつけていって、大きな輪をつくるイメージでやっています。

井上 私も高校3年のときは主将でした。スラムダンクの主人公のチームで主将を務める赤木剛憲のように、自分はこんなにがんばっているのになんで周りはやらないんだ、と思うタイプでした。コミュニケーション力が無かったと思いますね。試合中に停電したときの対応が、バスケファンの間で話題になりました。

篠山 2月の島根での試合ですね。いつ復旧するか分からず、会場全体に不安が広がっていました。会場の司会の方や島根のマスコットが、空気をなごませようとがんばっていた。僕も何か出来ないかと思い、観客席のお客さんとパス交換して、シュートを打ちました。こんなことで喜んでもらえるのは、自分がプロ選手だから。その立場に今、たどり着けているからこそ、出来たことです。

井上 大学を出た後は、東芝の社員選手でした。

篠山 自分が小さい頃には、プロバスケ選手としてお金を稼げるイメージがまったくありませんでした。大きな会社に入り、バスケを引退した後も会社員として働けることが一番の成功例だと思っていました。

川崎ブレイブサンダース 篠山竜青選手 × 漫画家 井上雄彦さん

朝日新聞/2018/04/26/日付より

TOP