『B.LEAGUE 主役に迫る』

漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(52)とバスケット選手の対談企画の第3シーズン6回目は、B1東地区で1位を走る千葉ジェッツの主将、小野龍猛選手(31)です。

「点取ってナンボ」からチームの最善策考えるように

井上 今期の千葉はBリーグでの観客動員数もトップ。全日本選手権も3連覇を果たしました。名実ともに日本を代表するチームになりましたね。

小野 トヨタ自動車(現アルバルク東京)から移籍してきて6シーズン目になりますが、当時は、いまのような状況になるとは想像もできませんでした。熱心なファンは昔からいましたが、数はそれほどでもなかった。チームを取り巻く環境も、いまとは大きく違いました。バスで名古屋まで遠征したときは、その過酷さに「マジか?」と思いましたね。練習場は固定されておらず、毎日のように時間と場所を確認していました。

井上 練習場所を転々としたことで、チームを身近に感じてくれる人も増えたのでは?

小野 そういう機会をきっかけに、試合を見に行こうと思ってもらえたのは大きいと思います。地域に密着した活動が多いチームです。オフシーズンに行っているバスケ教室やお祭りへの参加数などは、リーグで1番かもしれません。

井上 千葉へ移る前は、なかなか出場機会を得られませんでした。

小野 練習で活躍しても、試合に出してもらえない状況が続きました。そんなとき、千葉が熱心に誘ってくれました。当時は自分も結婚したばかりで、試合に出ていないと相手の両親も心配するなと思って移籍を決断しました。移籍直後の1シーズンで、過去3シーズン分の得点も出場時間も取り返すことが出来た。千葉に来て本当に良かったなと思っています。

千葉ジェッツ 小野龍猛選手 × 漫画家 井上雄彦さん

朝日新聞/2018/03/29/日付より

TOP