『B.LEAGUE 主役に迫る』

漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(51)とバスケ選手の対談企画の新シーズン第5回は、現役大学生ながらアルバルク東京でプレーする馬場雄大選手です。

武器は身体能力生かす「読み」 大学より海外よりプロ選んだ

 井上 もうすぐ大学卒業ですね。卒業論文のテーマは何でしたか。
 馬場 「ダンクシュートの有効性と、勝敗に及ぼす影響について」です。筑波大での3年間で戦った99試合の映像を見て、ダンクシュートが発生した49試合を対象にしました。コートを縦に3分割し、その真ん中で球を奪って速攻をしかけ、ダンクに持っていくと一番有用性がある、というデータが出ました。
 井上 馬場選手と言えばダンクのイメージが強いです。
 馬場 特別視しているわけではありません。もっとも確率の高い、予測されても阻止されないシュートをすることが、バスケと選手に求められると考えています。ダンクは相手もブロックしづらいし、危ないから防ぐのを諦めるところもある。だから積極的にトライしています。

アルバルク東京 馬場雄大選手 ✕ 漫画家 井上雄彦さん

朝日新聞/2018/02/28/日付より

TOP