沖縄を見る目 アムロが変えた

平成とは 第3部 うつろう空気

「沖縄の誇りです!! 沖縄からありがとう!」

8月末、東京・渋谷の「タワーレコード」にこんな手書きのメモが貼られていた。9月16日で引退する歌手、安室奈美恵さん(40)に寄せられたファンからのメッセージだ。

売り出したばかりの最終ツアーのDVDとブルーレイは2日間で109万枚売れ、音楽映像作品で初めて100万枚を突破した(オリコン調べ)。昨夏までのシングル総売り上げ枚数は1766・5枚。渋谷では街じゅうに安室さんの大型広告が掲げられ、記念撮影する人の姿も絶えない。

かつてこの街は、長い茶髪にミニスカート、厚底のブーツという安室さんのファッションをまねた「アムラー」であふれた。1992年(平成4)年にデビューしてミリオンセラーを連発した安室さんは、社会現象になった。

だが彼女に「熱狂」したのは若い女性だけではない。そのころ、79年生まれの私は仙台に住む高校生だった。両親は沖縄生まれ。アムラーには縁遠く地味に暮らしていが、当時母にこう言われたことは鮮明に覚えている。「(ルーツが)沖縄だと堂々と言えるようになってよかったね」

朝日新聞/2018/09/03/日付より

TOP